名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年03月15日 [鍼灸療法]

高血圧に対する鍼灸

血圧

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は高血圧についてです。まずは血圧の定義をみてみましょう。

■血圧の定義とは?
現代医学では細かく分類されていますね。正常は130/85未満が基準となっていて、基礎疾患の有無でまた高血圧の基準が多少前後すると言った感じです。ちなみに僕が学生時代で習ったのは160/95以上だったと記憶しています。(時代が変わりましたね・・・)では血圧が低い・高いのは何が良くないのかそれを次に説明します。

■良くないのは高血圧?
一般的に言って血圧が低いと高いどちらが問題視されるかと言うと、やはり血圧が高いのが問題視されます。それはなぜかと言うと脳出血になりやすいからです。血圧が下がるおかげで「めまい」・「頭痛」の症状が無くなることも多いのですが、反対に降圧剤を飲むと体が怠いと言われる方も一方でみえます。
以上を踏まえて個人的な見解を言うと
「血圧が高すぎても下げ過ぎても良くない」と考えています。
以上で現代医学的に簡単な説明をしましたが、鍼灸ではどう見てどう考えるかみてみましょう。

■鍼灸では
東洋医学では高血圧の概念はありません。高血圧に付随する症状(頭痛・めまい・たちくらみなど)に対しての治療は書かれています。

< 原因 >
・過労・ストレス・飲食不摂生により内臓(主に肝・脾・腎・肺)の働きが低下することで体内で発生する体に悪い物質(風邪・湿邪・熱邪)などが「心の臓」に入りこむと血圧が高くなる。

< 施術方針 >
・内臓の働きを良くする。
・体内で発生した体に悪い物質(風邪・湿邪・熱邪など)を取り除く。

< 養生法 >
・これは非常に難しいと思いますが、日常生活で興奮したり・緊張したり・過度な飲酒は血圧を高くする要因になるので、リラックスできる環境があると血圧の上昇もある程度予防ができます。

< その他 >
・対症療法として頸動脈付近に鍼を刺入する。そうすることで一時的に血圧が下がることが多い。


■続けて読んでほしい記事

「頭痛」の鍼灸療法。

「めまい」の鍼灸療法。 

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方、検討してください。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop