名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年12月22日 [鍼灸療法]

更年期障害(女性・男性)に対する鍼灸

ホットフラッシュ現象

今回のにこにこ鍼灸のコラムのテーマは「更年期障害」です。

■はじめに
・更年期障害は閉経前後に起こるホルモンバランスが崩れて、のぼせて冷える・不眠・血圧が高くなる・イライラしやすいなどの症状が出てくることを言います。しかしながら、近年では閉経前後と言われる40代後半の女性特有の症状ではなく、30代後半の女性や男性にも更年期障害による体調不良がちらほら耳にするようになってきました。
現代医学では薬物療法が主体になっていますが、副作用を心配される方が多いと思います。

・実は婦人科疾患、漢方薬は効果があると知っていても、鍼灸が有効な事が多いことは意外に知られていません。ここでは、更年期障害を東洋医学(鍼灸)ではどう考え、どう見ているのかみてみましょう。

■東洋医学では 
・「絶経」と言います。
< 原因 >
・加齢により内臓(特に腎・肝・脾)の働きが低下したことにより、栄養は十分作られず、生殖器に栄養が与えられないために症状が起こると考えます。
< 施術法 >
・内臓の働きを良くして栄養を増やし、生殖器に栄養を与えられるようにする。
< 注意点 >
・のぼせている時は不眠になっている場合もあります。その場合は大抵、足が冷えていることが多いので温めることが重要です。そうすると頭寒足熱の状態になり安定することが期待できます。
・薬の併用はどうなのだろうと思う方が見えますが、併用して症状さえ落ち着いてこれば、薬の量も減ってくるはずなので、基本薬の併用は問題ありません。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で更年期障害で悩んでいる方、検討してみて下さい。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop