名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年08月25日 [鍼灸療法]

知らないあなたは損!|えっ、鍼灸でめまいを改善方法とは

■この記事の筆者は当院の院長が書きました。院長プロフィールはこちらへ。

鍼

本日もようこそ、当院のコラムへ。
今回の話題はめまいです。

■はじめに
めまいにはたくさんの原因があります。どんなめまいでも一度起きてしまうと「また再発しないか」・「再発したらどうしよう」と不安になる人が多いのではないでしょうか。
そこで東洋医学の考え方と現代医学の考え方、それぞれの視点からどうアプローチするか書いていきます。

■まずは東洋医学(鍼灸)ではどう考えるか。

現代医学の病名は東洋医学(鍼灸)の診断に全く関係ありません。めまいという症状に対してどうアプローチするかがポイントになります。

めまいは「内臓の機能低下より気血水の過不足が起こることが大元の原因。」そのうえで
@体内で発生した邪気(風邪・湿邪・瘀血など)が頭部の経脈を阻害すると起こる。
A内臓の機能低下により気と血の不足で頭部に栄養が与えられないと起こる。
以上2つが大きな原因となるので鍼灸で「邪気を取り除くこと」と「頭部に気血を巡らせること」がめまい改善するのにもっとも大事なことになります。

■治療経過
・めまいの改善は「症状の程度」と「個々の体力」で大きく異なります。ですから一概に何回で良くなりますとは言い切れません。
一般的に言うと体力が比較的ある方は改善しやすい傾向で、体力があまりない方は改善させるまでに時間と治療回数が必要になります。

「参考記事」
ここで1つ症例をあげてみます。こちらをクリック。

■すべてのめまいが鍼灸に良いわけではありません。以下のめまいはまず病院へ

・命に係わる疾患として脳血管障害(身体半身のしびれや力が入らない、ろれつが回らない・物が二重に見えるなど)を疑うときはすぐ病院へ。
・その他、「めまいがひどく歩けない。」・「難聴を伴うめまい」の症状が出たとき時にすぐに病院へ。

■次に現代医学で「めまい」が伴う病名とそれぞれの特徴を簡単に挙げてみます。

@良性発作性頭位めまい:頭を動かしたときに軽くおきるめまい、耳鳴りや難聴は伴わない。
A脱水:血液がドロドロになり循環が悪くなると起こる。
B突発性難聴:聴神経に炎症がおき突然強い難聴が起こる。めまいの程度は軽いことが多い。めまい発作は繰り返さない。
Cメニエール病:難聴・耳鳴り・耳閉感・吐き気・嘔吐を伴う。強度な回転性めまいが起こる。
D脳血管障害:平衡感覚の経路のどこかに障害が起こると発症する。
E前庭神経炎:風邪を引いて1・2週間後に発症。強度なめまいが伴う。吐き気・嘔吐・耳鳴りや難聴は伴わない。
F起立性めまい:血圧の急激な低下による起こるめまい。
G椎骨脳底動脈循環不全:急な首の動作により血液の循環が悪くなり起こるめまい。高齢の方に多い。
などたくさんあります。

< 参照ページ >
同友会メディカルニュース めまい

■現代医学の治療方針
・炎症が疑われれば抗炎症剤・ステロイドなどを投与または安静。
・循環不全なら循環改善薬の投与。
・脱水なら輸液。
・メニエール病は有酸素運動や薬物療法(利尿剤)で症状を落ち着かせる。
・脳血管障害は血行改善薬投与(血液をサラサラにする薬)などを行う。
・良性発作性頭位めまいは「耳石置換法」で頭を動かし耳石を元の位置に戻すことで症状を改善させる。
・起立性めまい急な動作をしないなど日常生活での注意が必要になります。

< 参照ページ >
滋賀医大ニュースTOPICSより

■現代医学の観点から見て鍼灸が適応する症状
・最も適応すると思うのは@・Fです。
・現代医学の併用で良いと思うのはB・C・E・Gです。

めまいで悩んでる方、今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop