名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年08月30日 [鍼灸療法]

鍼灸ではこんな症状にも対応。|耳鳴り編

耳鳴り
■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら

本日もようこそ、当院のコラムへです。
今回は「耳鳴り」について書いていきます。

■はじめに
耳鳴りは耳鳴りの程度にもよりますが、非常に気になる症状の1つになりますよね。耳鼻咽喉科を中心に病院で診察・治療を受けて良くなるケースもあれば、受けてもなかなか良くならないケース、まれなケースでは以前よりも悪化したというケースもあり、耳鳴りを患っている方にとっては辛い話ですね。このページでは「耳鳴り」を鍼灸ではどう考えどう治療するのかという説明と現代医学の考え方を簡潔に説明します。

■まず鍼灸ではこう考えて治療します。

< 原因 >
・過労・加齢などで内臓(脾・肺・腎・心など)の働きが低下したことで、気血水の過不足を調整ができずに、耳の働きが低下するために起こる。

< 施術方針 >
・内臓(脾・肺・腎・心など)の働きを良くして気血水の調整を行う。
・肩・頸・肩甲間部のコリを取る。
以上を施すことで全身調整をして耳または耳の周辺血行を良くして耳鳴りを改善を目指す。

< 治療経過 >
・年配の方の耳鳴りは治りにくいことが多い。(加齢により聴力の機能が落ちてくるため。)
・耳鳴りは肩・頸・肩甲骨間部の凝りすぎで起きているケースがあります。まずはコリを取って様子をみていく形になります。
・耳の病気(中耳炎など)で耳鳴りになったケースでは原因となる病気を治療することから始めます。これは早ければ早いほど良くなりやすいです。(どんな病気でも同じなんですが・・・・)
・上記は一般的なケースでの話になります。あとは個々の体力・症状の程度により治療経過は異なります。

< 注意点 >
急な聴力の低下と耳鳴りは必ず病院へ行ってください。突発性難聴が考えられ、病院での早期の治療が治癒の近道になります。

・耳鳴りなんだから「耳周辺にたくさんの鍼をして灸をしてくれ」と思う患者様がたくさんいらっしゃいますが、これは患部の鍼灸刺激が強すぎて、耳鳴り悪化の元になる原因になります。ですから当院では耳周辺のツボにたくさんの鍼や灸をすることは控え、手足にある耳に効果のあるツボを用いて全身の体調を整えて耳鳴りを改善する方法をしますので、ご理解ください。

・耳鳴りは完璧に良くしようと思わず、上手に付き合っていくんだという気持ちを持つのが大事。完璧を求めるとそれがストレスになり却って耳鳴りが悪化しやすいからです。

< よくある質問に対する回答 >
Q.耳鳴りは鍼灸で治りますか。
A.絶対とは言い切れません。病院では難しい(良くなる可能性がほぼない)のであれば、鍼灸で10%〜20%の確率で良くなる可能性はあります。この数値に可能性をかけるかかけないかのどちらかになります。

■次に現代医学ではこう考えます。

「そもそも耳鳴りとは」
実際には音が鳴ってないのに何かが鳴っている現象。

「耳鳴りの特徴とは」
耳鳴りには聴力低下(難聴)を伴うことが多く、自分にしか聞こえない「自覚耳鳴」と外部からも聞くことが可能な「他覚耳鳴」の2つに分けられること。他覚耳鳴は原因がいくつかあるのは知られていますが、自覚耳鳴は原因不明で耳鳴を訴える患者様の多数派に「自覚耳鳴」となります。

「耳鳴りの治療」
・急性期は難聴を伴うことが多いので難聴の治療を行います。病名で言うと「突発性難聴」がこれに当たります。早ければはやいほど聴力の回復が望めます。
・慢性期は精神安定剤・漢方薬・カウンセリング・鍼灸などを用いますが、確実に改善させるのは難しい。

「耳鳴りの注意する点」
・聴覚神経のガンです。これは初期症状として出るのが「耳鳴り」なんです。これは特に注意するべき症状となりますが、耳鼻咽喉科で診察を1度受けて頂ければとりあえずは安心できます。

現代医学の観点からはこんな感じで纏められます。

☆参照ページ
日本耳鼻咽喉科学会の「耳の症状」のページ

以上になります。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop