名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年11月24日 [鍼灸療法]

のどの痛みに対する鍼灸

喉の痛み

守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は咽喉痛みについてです。

■はじめに
・現代医学では
咽喉の痛みの大部分は風邪や扁桃腺の炎症により出てきます。
風邪はのどの痛みのほかに鼻水、咳、倦怠感などが伴ってきます。
扁桃腺炎はのどの激しい痛み、高熱(38度以上)が特徴です。
これらは個人の耳鼻科クリニック(内科でも対応はできますが、専門は耳鼻科になります。)で解熱鎮痛剤、抗生物質(扁桃腺炎が有効、風邪はウイルスが原因ですので無効です。)、咳止め、鼻水止め、点滴など対症療法が基本です。
ごくまれにですが「急性喉頭蓋炎」という病気があります。これは適正な処置をしないと予後が大変なことになりますので、注意が必要です。
*急性喉頭蓋炎とは重度なのどの痛み、高熱、嗄声(声がれ)が起こる。これなら喉頭炎でもありますが、大きな違いは気道が塞がれて窒息して死亡してしまう例もあるとのことです。

では鍼灸では咽喉の痛みは施術可能なのかと言いますと大半は可能なのです。説明してみます。

■鍼灸では
< 原因 >
「喉痺」にあたります。これは内臓の働きが低下して自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪などの邪気)が喉の部位を犯して、喉の血行が悪くなると腫れや痛みを生じます。

< 施術方針 >
@内臓(特に脾・肺・腎)の働きを良くするよう促す。
A自然の外気(邪気)を排出を促す。
B首肩のコリをとることで血行を良くする。
以上を行うことで喉の炎症が落ち着いて痛みが緩和されるわけです。
でもこれだけでは不十分です。

このほかに
■養生も大事ですよ。
いくら良い治療をしても過労や栄養不足では治りにくいです。治療と安静と栄養ともに大事ですよ。

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方または薬を飲むのが好きではない方、検討してください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop