名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年11月24日 [鍼灸療法]

のどの痛みに対する鍼灸

喉の痛み

守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は咽喉痛みについてです。

■はじめに
・喉の痛みは誰しもが経験する症状の一つです。ここで現代医学と鍼灸、両方の診方をみていきましょう。
まずは現代医学ではどう考えるかみてみましょう。
・分類
大半は風邪もしくは扁桃腺の炎症。
・原因
風邪は主にウィルス感染が原因。
扁桃腺は主に細菌感染が原因。
・治療法
風邪:解熱鎮静剤
扁桃腺:抗生物質
・注意
まれにですが急性喉頭蓋炎という病気があります。これは喉の奥を見る機械が必要になり、内科ではなかなか発見されにくく(喉の奥をみる機械がないため)、緊急に処置をしないと予後が良くないので注意が必要です。
・鍼灸では
扁桃腺炎・風邪も治療可能です。ただし急性喉頭蓋炎はある程度回復してからならOKです。
特に風邪は良く効果が得られやすいですね。

■東洋医学では
「喉痺」にあたります。
< 原因 >
・過労・ストレス・生活環境などで内臓(肺・脾・胃など)の働きが低下したことによりのどの粘膜の防御作用が低下し、喉の粘膜に自然界からの体に悪い物質(風邪・寒邪・熱邪)が侵入すると起こる。
< 施術方針 >
・内臓の働きを良くする。
・身体に悪い物質を取り除く。
< 注意点 >
・ほとんどの場合、十分な休養がとれていないことが原因。ですから、治療と並行して安静と栄養を十分に取って頂くことが
治癒への最短の近道になります。

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方または薬を飲むのが好きではない方、お気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop