名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年11月15日 [鍼灸療法]

尿路感染症に対する鍼灸

鍼灸
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は尿路感染症の鍼灸治療についてです。

■はじめに
「尿を出すときに痛い」・「尿に血が混じる」・「トイレが近い」など経験された方の中で、尿路という場所で細菌に感染して症状が出ている(出ていた)方が見えると思います。細菌感染が原因で起こる場合の症状は非常に辛いものです。約100%近い方が病院で診察を受けて薬の処方を受けていると思います。これでほどんどの方が良くなると思いますが、中には薬の耐性菌のため治りにくい方がいると思いますそんな方におススメが「鍼灸」です。なお出血している場合は膀胱癌など癌の疑いもあるので一度は検査していただきましょう。では鍼灸でどう見ていくのかみてみましょう。

■鍼灸では
尿路感染症は「淋証」といいます。淋証には一般的に「熱淋・石淋・血淋・気淋・膏淋」の5つに分かれます。
・熱淋:ウイルスや細菌感染により発症するのでこれが「尿路感染症」に一番近いです。
・石淋:現代医学でいう「尿路結石」にあたります。
・血淋:「尿路感染症・尿路結石」で血が混じる場合があたります。
・気淋:トイレは近いけど量はあまり出ない・疲れやすいなど年配の方に多くみられる。
・膏淋:現代医学でいう「ネフローゼ症候群」にあたります。
この5つの中で鍼灸が効果的なのは気淋が一番。2番目に血淋・熱淋。3番目に石淋。4番目に膏淋という感じになります。しかし一部の症状では膀胱がんの可能性があることは注意しなくてはいけません。
< 原因 >
過労・ストレス・飲食不摂生などで内臓(脾・肺・腎・肝など)の働きが低下したことで体内から発生する体に悪い物質(湿邪・熱邪・瘀血)が尿路に入り込むと起こる。
 施術方針 >
・内臓(脾・肺・腎・肝など)の働きを良くする。
・体内から発生する体に悪い物質(湿邪・熱邪・瘀血)を取り除く。
< その他 >
・医師より出た処方箋はきちんと飲んでください。勝手に飲む量を減らしたり中止したりしないでください。なお薬を飲みながらの鍼灸の併用はより良い効果が期待できますので安心して下さい。・ネフローゼは水分に注意。感染症は水分を取り尿に出して菌を出し切ってください。以上になります。

名古屋市(守山区・名東区・千種区)・春日井市・尾張旭市で悩んで見える方はお気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop