名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年01月12日 [鍼灸療法]

悪寒・発熱に対する鍼灸

熱を測る

守山区でも寒く感じるようになってきました。今回は寒いときといえば風邪ですよね。今回は風邪に伴う悪寒・発熱について書きます。

■はじめに
悪寒・発熱が鍼灸で治療できるの?そう思われる方が9割以上ではないでしょうか。そういう僕も3年以上前まではできるわけないと思っていましたから。ここ最近ですよ。悪寒・発熱が鍼灸でも対応できるなと感じたのは。なぜ対応できると感じたのか、それは自己体験ですね。
そして適応可能なのか説明していきます。適応できるかどうかの前に簡単に東洋医学の診方を説明します。

■まずどんな過程で悪寒・発熱するか説明します。

○春は暖かい・夏は暑い・秋は涼しい・冬は寒いですよね。このように季節の変化に従い人の気も動きます。つまり暑ければ汗をかいて体温を下げ、寒ければ服を着て体温を維持しますが、季節の変化に対応できないと気の循環に異常が出てきます。気が巡らない部分は「悪寒」となり、気が滞る部分は「発熱」を起こします。

■原因 
・過労、ストレス、生活環境などにより内臓(特に肺・脾)の働きが低下した状況下で、自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪)が体内に入り込むことで起こります。

■施術方針 
・内臓(特に肺・脾)の働きを良くする。
・体内に入り込んだ悪い物質(風邪・寒邪)を取り除く。

■経験上での施術経過 
・自己体験や身内の経験から言うと普通の風邪による発熱・悪寒は1・2回の施術で取れることが多い。
 しかしインフルエンザによる発熱・悪寒は一度熱が下がってもまた発熱するが発熱の初めに比べ熱が少しだけ下がることが多い。数回の詰めて施術することで解熱する可能性は高くなります。
 以上は東洋医学的診断が正しくかつツボの選択も正しく鍼灸の刺激も正しく場合に限ります。

■その他 
・原則として悪寒・発熱はかかりつけの医師に診てもらってください。

■合わせて読んでほしい記事
東洋医学基礎

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域の方、こういう治療法もあるんだと参考程度にしてみてください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop