名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年09月22日 [鍼灸療法]

パニック障害に対する鍼灸

刺鍼ちゅう

■はじめに
心の病の1つに挙げられるパニック障害。100人に1人はパニック障害がいるといわれる現代社会、だれしもかかる恐れがある症状に1つです。もし病院にてパニック障害と診断されたら大半の方が病院での治療が初めの選択になります。病院では薬物療法・カウンセリングなど様々な方法でアプローチして症状の改善を目指します。しかし1部の患者様の中には薬の副作用で悩んでいる方もしくはあまり薬を飲みたくない方がいます。そんな方、ぜひこのブログを読んで頂きたいと思います。

■薬物療法とカウンセリングについて
・パニック障害と診断されて薬を飲み始めると起こりうるのはまず薬による副作用。たくさんの数ではないと思いますがいるはずです。
薬には主作用と副作用に分かれるのですが、精神科もしくは心療内科で頂く薬を調べてみると、主作用と副作用が同じことがあるんです。それだけコントロールが難しい状態なんだと思います。
・カウンセリングについては良い療法だと思います。患者様の悩み・不安を聞くだけでも精神安定にはなることが多いので、パニック障害の再発防止には役立つと思います。

■東洋医学(鍼灸)の視点では
< 原因 >
まず症状から考える必要があります。症状は
・動悸・脈が速くなる。
・汗をかく
・手足の震え
・息切れ・息苦しさ
・吐き気・下痢
・めまい
・身体のほてりや寒気 などがあります。
これらの症状から考えられるのは「内臓の働きが低下して水の代謝が悪いこと」だと考えます。

< 施術方針 >
原因に対して鍼灸で内臓の働きを改善し水の代謝を良くしていけば上記の症状の改善は期待できます。
それに加え肩・頸の反応点を見つけて鍼灸施術をすることでより良い効果が期待できます。

■その他
・薬についての相談を受けることが多いのですが、勝手に薬の飲む量を減らしたり増やしたりやめたりするのは良くないです。鍼灸で症状が改善してきたら担当医師と相談して頂ければ良いと思います。
・良くなるまでには月単位でかかってきます。良くなると信じて通院して下さい。
・無理をしないこと、自分にできることを少しずつ行って自信をつけて下さい。それが症状を再発させない1つの手段になります。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方、検討してください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop