名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年11月22日 [鍼灸療法]

パーキンソン病(症候群)に対する鍼灸

刺鍼
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は難病と言われる「パーキンソン病の鍼灸治療」です。

■はじめに
難病と言われるパーキンソン病。超高齢化によりパーキンソン病を発症している方が年々増えてきています。現代医学では「ドーパミン」という物質が不足すると「手足の震え・手足のこわばり・動作が遅くなる」など様々な症状が出てきます。治療法は原則投薬治療になりますが、現実問題としてたくさんある薬でもなかなか体に合う薬が処方できないまたはできてもすぐに合わなくなることが多いそうです。そうなると症状が改善しないため本人、ご家族様が辛いですね、では鍼灸では対応できるのかどうか考えてみます。

■鍼灸で対応はできますが、根治は難しく、症状の改善が目標になります。
東洋医学でも難病に分類されるので正直完治難しいです。症状を改善して病気と上手に付き合っていくことが大事になります。鍼灸単独よりも現代医学の薬物療法と併用していく形が現実的ではないかと思います。では鍼灸ではどうみるかみてみましょう。

■鍼灸では
「震掉」などが考えられます。
< 原因 >
・主に加齢などにより内臓(脾・胃・腎・肝など)の働きが低下することで体内から発生する体に悪い物質(主に風邪や瘀血)が体内で悪さをすると起こる。
< 施術方針 >
・内臓(脾・胃・腎・肝など)の働きを良くする。・体内から発生する体に悪い物質(主に風邪など)を排出する。
< その他 >
・食欲がないなど食欲異常がある場合はまずは脾胃(胃腸)の働きを良くすることが大事。・体力に合わせた施術をする。刺激過多になると症状が一時的に悪化することがあるため。
・体調が良い時は関節が硬くならないよう軽い運動をして頂くと良いです。
以上となります。
名古屋市(守山区・名東区・千種区など)で困っている方、お気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop