名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年04月26日 [鍼灸療法]

知って得する。鍼灸で逆子の治療が可能。

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら

逆子

無事に妊娠かと思い、安心していたらお腹の中の赤ちゃんが逆子になっちゃった。逆子の原因は子宮の形や胎盤の位置以上など母親の身体が原因で起こる場合や羊水過多もしくは早産など赤ちゃん側が原因で起こる場合もあるそうですが、原因が分からないケースもありますが、逆子のまま出産時期に近づくと「帝王切開」というイメージがついてくるので何とかしなくちゃいけないと思い、病院で指導して自分自身で行う逆子体操。この体操の効果ってどうなんだろうと思い、筆者はネットで色々調べてみました。

調べた結果、治療法の1つとしての逆子体操の効果は産科医師でも意見が分かれるみたいです。こういうのを見ると「やらないよりはまし」という感じになるのではないでしょうか。その他の治療法として「外回転術」という方法もあるみたいですが、医学データもあり科学的に効果があるとのことですが、胎盤剥離などリスクを伴うため産科医師でも施術するしないかで意見が割れています。

逆子に対して「逆子体操」・「外回転術」などの対処法はありますが、効果がはっきりしないもしくは効果があってもリスクがあるのでは心配ですね。その他に良い方法がないのかということでもう少し調べていくとありました。それはなんと鍼灸です。産科医師でも患者様が良くなったとい事例を経験しているというのですが、どうして鍼灸で良くなるのかは科学的には分からないそうです。

☆参照ページ
イシコメ(医師と患者を結ぶメディカルサービス)逆子を治す方法は?産科医師140人に聞いた。

逆子について原因・治療法を調べてみましたが、鍼灸で逆子が良くなったという事例を経験されている産科医師もどうして良くなったか理由がよく分からないということで、現代医学では理由は分からなくても、視点を変えて東洋医学なら説明ができます。
では逆子を鍼灸ではどう考えるかまたどう治療するのか説明していきます。

鍼灸
■逆子、東洋医学(鍼灸)ではどう考える。
東洋医学的に胎児がどのようにお腹で養われて出産するのかを述べてみます。妊娠して1か月目に胎児は肝経を巡り、2か月目で胆経、3か月目に心包経、4か月目に三焦経、5か月目に脾経、6か月目に胃経、7か月目に肺経、8か月目に大腸経、9か月目に腎経、10か月目に膀胱経を巡って出産しますが、その過程において腎経の働きが過剰な状態(腎経実という)になり、腎経と関係のある膀胱経(膀胱経実という)に影響が出ると難産・逆子になりやすい原因と考えられています。

治療法は逆子の経験穴(至陰)を使用するのがもっとも理想です。至陰穴とは足の小指にあるツボです。これにお灸します。これに加えて三陰交にもお灸をします。これだけでも逆子が良くなる場合もありますし、良くならない場合は全身調整を加える場合もあります。

逆子の鍼灸治療の注意点として「妊娠8か月以降の逆子はなかなか治りにくい」・「すべての逆子に鍼灸が良いわけではない」ということです。前者は妊娠8か月以降は胎児が動かせるだけのスペースが少なくなってくることが1つの原因になります、ですから検診で分かった時点で治療を始めると良いです。文献(レディース鍼灸 医歯薬出版)にも「逆子」は定期検診で分かり次第治療を開始すると80%の方の逆子が良くなるとデータとして示しています。後者ではへその緒が身体に絡んでしまう逆子については不適応になりますので注意して下さい。この場合は残念ながら帝王切開になってしまいます。

■症例
僕の妻も二人目は定期検診で逆子と分かり次第、三陰交と至陰にそれぞれ灸10個を3日くらい続けたら次回の検診には逆子が治っていた。その後また逆子に戻ってしまったことはないです。(なお妻は看護師で産婦人科で働いていた経験があり、逆子体操は毎日やっても戻ってしまうと言っていたので、逆子体操は一切していません。)(効果については個人差があります。)


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop