名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年01月24日 [鍼灸療法]

マタニティーブルー(産後のうつ)に対する鍼灸

鍼
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は「産後のうつ」をテーマに挙げてみようと思います。

■はじめに
「お子様の出産、おめでとうございます!良かったですね。」と言いたいところですが、大変なのはこれからです。生活が一変します。
お子様のおむつ交換、淋浴、授乳など育児に入ってきます。初めてのお子様だとさらに何をどうしてあげたらいいのか分からなく手探り状態になりやすいです。育児も楽しみながらやれればこんなことにはならないと思いますが、実際は楽しい事ばかりではありませんよね、泣き止まなくてあやすのに心身苦労するなどよく耳にします。たまにはおじいちゃん・おばあちゃん・旦那さんに面倒を見て頂いてリフレッシュする時間があればいいのですが、ない方は産後のうつ(症状として不眠・疲労感が続く・不安・イライラ・食欲不振または亢進・いろいろなことに無関心など挙げられます)になりやすいです。
ではどうしたらよいのでしょう?1つ提案があります。鍼灸で体調を整えるのが一番だと思います。では鍼灸ではどう考えるかみてみましょう。

■鍼灸では
産後のうつはうつとみて良いので「鬱証」と言います。
< 原因 >
出産による出血・育児のため疲労により内臓(肝・脾・胃・腎など)の働きが低下すること内臓(心)に栄養を与えられないために起こる。

< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・胃・腎など)の働きを良くする。
・肩甲骨間部・肩・頸のコリを取る。精神的に参っているときに反応が出やすい部位なため。

< その他 >
・時には旦那さんや母親などに面倒をみてもらいリフレッシュする環境を作る。こうするだけでも症状の改善を促せます。
・育児に完璧を求めない。育児を完璧にやろうと思えば思うほど追い込めてしまう可能性があがるため。
・病院で薬を服用している方は併用しながらの施術になります。症状が良くなったら医師に減らしてもらえるか相談して減らす方向でいきましょう。

■合わせて読んでほしい記事

頭痛の鍼灸

以上になります。名古屋市(守山区・名東区・千種区)または春日井市・尾張旭市で悩んで見える方、お気軽にお問い合わせください。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop