名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2021年04月06日 [鍼灸療法]

【 解説 】 三叉神経痛

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
三叉神経痛
今回は顔面の痛みの主な原因と考えられる三叉神経痛についてです。三叉神経痛について現代医学の考え方と東洋医学(鍼灸)の考え方について説明していきます。

■現代医学での考え方
【 主な症状 】
・痛みとしてはかなりの特徴があります。痛みは非常に強いですが、突発的な痛みになることが多いです。一瞬痛みが走る程度で数秒又は長くても数十秒の痛みのケースがありますが、5分、10分以上続くような痛みは三叉神経痛でないことが多いです。
あと三叉神経痛では洗顔・化粧・髭剃り・食べ物を食べる・冷たい物を飲むことで痛みが誘発されることがあります。痛みによって歯磨きができない場合もあります。
【 原因 】
三叉神経
三叉神経は脳幹から始まり、脳槽とい空間を通りテントと呼ばれる構造に入った後、3本(眼神経・上顎神経・下顎神経)の大きな枝を出してさらに細かい神経線維を顔全体に伸ばしている神経になります。
多くの原因は血管による神経の圧迫になります。(約90%)その他に腫瘍(癌)による神経の圧迫によるもの(約8%)・脳動静脈奇形による神経の圧迫によるもの(約0.5%)があります。
【 診断の目安 】
問診と触診である程度は分かります。触診では鼻の横を触ると痛みがビッと走る場合は三叉神経痛の可能性があります。特殊なMRIで取ることで神経が圧迫があるかないかで分かる場合もあります。詳しくは脳神経外科などで診察を受けて頂ければと思います。
【 鑑別しなくてはいけない病気 】
帯状疱疹後の三叉神経痛と舌咽神経痛があります。帯状疱疹後の三叉神経痛は帯状疱疹(この場合、顔に水泡ができる)が確認できれば帯状疱疹による三叉神経痛と判断できます。舌咽神経痛は三叉神経痛と同様に飲み込むときに痛みがでることがあり、三叉神経痛との区別が必要になります。
【 治療法 】
薬物療法と手術療法があります。薬物療法は抗てんかん薬を使用することで軽減が期待できますが、痛みのコントロールが難しい場合があります。手術療法は血管による神経の圧迫を下げる方法になりますので、非常に効果的な方法と考えられます。手術療法につきましては担当医師に相談(特に術後の経過についてはよく確認して理解して下さいね。)して納得をしてから受けて頂ければ良いと思います。
【 参考ページ 】
・脳神経外科医 福島孝徳 公式サイト 三叉神経痛。

鍼治療
では次に東洋医学(鍼灸)について説明します。
鍼灸では「面痛」、つまり顔面の痛みと考えます。
【 原因 】
ストレス・過労・生活環境などで内臓の働き(特に脾・胃・腎・肝などの臓器)が低下し、体力が落ちたところで、身体に不要な物質(風邪・寒邪などの邪気という)が顔を通る経絡に入りこむことによって、気血の流れが悪くなり、その結果、顔に痛みが生じると考えます。
【 施術方針 】
内臓の働きを改善し、体力をつけていき、身体に不要な物質(風邪・寒邪などの邪気)を取り除き、顔を通る経絡の流れを改善することになります。
施術経過
【 施術経過 】
個々の体力や症状の程度や痛み止めをどれだけの期間使用してきたかなどにより違いはありますが、基本改善されるまでには相当の時間と施術回数が必要になることが多いです。ですから試しに受けてみて良かったら継続するという考え方をされている患者様は止めておいた方が良いですね。何とか辛い痛みを本気で楽にしたいと思う方が頑張って通院された方が良い結果が得られやすいと思います。
【 日常生活では 】
・「セルフ療法をして頂くこと」、「ストレス解消もしくは上手く付き合うこと」、「痛みを誘発する原因を避けること」は大事になります。セルフ療法では煙の出ない棒灸を用いて、合谷穴や痛みのある部位に施術をすると痛みの改善に繋がります。もちろん、全身調整で体力をつけて痛みを改善させたい方は指導致しますので、その通り棒灸で温めて頂いた上、先ほど書いた合谷穴や痛みのある部位を温めて頂いても良いです。ストレスは症状の悪化を誘発しやすいので自分なりの解消法があれば行って頂き、解決できないストレスについては上手く付き合うことが必要になってきます。痛みを誘発しやすい扇風機やエアコンに当たることや冷たい物を食べるなどは極力控えて頂くことも辛い痛みのある時は気を付けて頂きたいですね。
【 症例を挙げます。 】
【 症例1 女性 38歳 】
■予診票からの患者様の情報
前歯の痛みがあり辛い。当院へ初検で通院される1年9か月前に歯科にて受診された。そこでは歯根に膿がたまっていると言われた。膿の処置を2か所の歯科クリニックで施しても痛みが取れなかったので、3か所目の歯科医院でCTを取ると、歯根が曲がっていて患部に薬が届いていない状況。また右上の奥歯にも膿があるとのこと。その歯科クリニックで精密根幹治療を受けるも症状が落ち着かず悪化してしまった。続きはこちらへ。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop