名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年09月01日 [鍼灸療法]

三叉神経痛に対する鍼灸

刺鍼

名古屋市守山区のにこにこにこにこ鍼灸のコラムです。
今回のテーマは「三叉神経痛」です。

■はじめに
顔や前頭部が痛く、病院で診察を受けた方の中に三叉神経痛と言われた方はいないでしょうか?
まず簡単に現代医学の考え方を説明してみます。
実は三叉神経は第1枝〜第3枝に分かれていて障害された部位によって痛みが出てくる場所が変わってきます。
一般的に三叉神経痛の特徴として、洗顔時・歯磨きなどで痛みが強く出て、痛みが引くまでしばらく時間がかかる。そしてなかなか治りにくいなど日常生活の中でもつらい症状のひとつです。病院で行う治療法は消炎鎮痛剤 〜 精神安定剤まで色々使います。カウンセリングなんかも有効だと考えられています。
以上が現代医学的考えからの三叉神経痛についてを説明しました。

■それでは鍼灸ではどうなのかというと・・・

・基本神経痛は鍼灸施術で効果の期待できる症状の1つになります。

・東洋医学(鍼灸)では「気が通らなければ則痛みが出る。」という考えがあります。
  気血が顔を通る経絡を巡らないと痛みが出るということになります。
  まずは気血の流れを良くすることがもっとも重要になります。(現代医学で言う血行を良くすると同じ。)

・では何が原因で気血の流れが良くないかと言うとそれは
 自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪など)となります。

・つまり自然界にある体に悪い物質を取り除き、気血の循環を良くすれば三叉神経痛も改善されるはずなのです。
 しかしながらこれらはあくまで理論上の話になりますので、個々の体力と症状の程度により改善までの道のりは変わりますのでそれをご理解して頂いた上、施術者と患者様の二人三脚で症状の改善を目指します。

・鍼灸の国民受診率が5%と低いのでほとんどの方は未経験になると思います。ですからいきなり刺激の強い鍼は致しませんのでご安心くださいね。いきなり強い刺激を与えるのは身体に良くありませんから・・・。

 名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で三叉神経痛の鍼灸治療ならにこにこ鍼灸治療院にご相談をお待ちしております。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop