名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年03月08日 [鍼灸療法]

咳に対する鍼灸

咳・喘息

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は咳についてです。

■はじめに
咳は風邪を引いたときに出るメジャーな症状の1つです。
咳が出るとつらいですね、特に風邪を引いてしまい、夜寝ようとふとんに入ると咳が止まらない、または横になると咳が出たりするのは大変ですよね。これらの咳の症状は咳止めの薬を服用してもなかなか良くならないことを体験された方が多いのではないでしょうか?
では鍼灸・漢方ではつらい咳症状は対象になるのか?という疑問に思う方も見えますが、実は対応できるケースが多いのです。
今回は咳をどう診てどう治療するかみてみましょう

■鍼灸では 
・「咳嗽」と言います。
黄帝内経という中医学の古典には「五臓六腑皆能令人咳非独肺矣」と言い、咳が出る原因は五臓六腑のいずれかにあるということを説いています。なので
< 原因 >
・ストレス・過労・飲食不摂生などで内臓(特に肺・脾・腎・肝)の働きが低下して自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪など)が肺に侵入することで咳が起こる。

< 施術方針 >
・内臓の働きを良くする。
・自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪)を取り除く。

< 注意点 >
・過労で風邪をひいて咳が出ている場合は鍼灸だけでは良くなりません。鍼灸治療に加え睡眠・栄養が必要です。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で咳で悩んでいる方はお問い合わせ、お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop