名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年04月19日 [鍼灸療法]

視力障害に対する鍼灸

視力

■はじめに
視力障害が起こる病気は網膜色素変性症・黄斑変性・緑内障・白内障・視神経炎・近視・遠視・乱視・老視などたくさんあります。
しかし一般の方がよく耳にするのは白内障・緑内障・近視・乱視・老視・遠視ではないでしょうか?

■視力低下を伴う病気で鍼灸の適応となる疾患とは
@緑内障
鍼灸で眼圧を下げる効果があると言われています。
A白内障
現代では手術が一般的ですが、鍼灸で良くなるケースもあると言われています。
B仮性近視
鍼灸で仮性近視(レンズを調節する筋肉の緊張することで起こること)は改善する可能性は高い。現代医学ではレンズを調節する筋肉を緩めるための薬や矯正トレーニングをすることで改善できると考えられています。
C近視・遠視・乱視
仮性近視の状態が進んでしまうと近視になります。遠視・乱視・近視については遺伝要素があるので鍼灸で視力回復は難しいです。ただし視力低下の進行を遅らせることは可能です。現代医学では眼鏡による矯正しかないと考えられています。
C網膜色素変性症
徐々に視力が落ちてきていずれ失明してしまいます。鍼灸を施すことで失明を遅らすことが期待できる。
D網膜剥離の術後
鍼灸で網膜剥離の再発を防止が期待できます。
E眼精疲労
一般的に鍼灸で目の疲れを軽減することができます。
主に上記の病気が対応できますが、視力障害(物が見えにくい。物がぼやけて見える。物が二重に見える。黒い点が見えるなど)があっても専門医の診察を受けていれば基本鍼灸治療は可能です。
では視力障害を東洋医学ではどうみてどう治療するかみてみましょう。

■鍼灸では 
< 原因 >
・「久しく見ると心を傷ぶる。」または「肝は目を司る」と古典ではいうので、血(肝と心)が不足すると視力障害が起こると考えられる。

< 施術方針 >
・内臓(特に肝・脾・腎)の働きを良くする。
・頸・肩のコリをとる。目の血行を良くする。
以上を施すことで視力障碍の回復が期待できます。

< 日常生活の注意点  >
・既往歴に糖尿病のある方は網膜剥離・眼底出血・視神経障害を起こしやすいので、血糖値のコントロールをすることで病気の進行または予防が可能です。
・視力障碍に伴う目が疲れやすい時は目を温めたり、目の周りマッサージしたりすれば症状が軽減されやすいです。
・視力障害がある場合はまず病院で原因の追究をして下さい。
(例1)原発性閉塞隅角緑内障の場合があります。これは早急に手術が必要なので治療院に来てはいけません。*原発性閉塞隅角緑内障とは目の中にある房水が排出されなくなり眼圧が高くなる状態です。失明する危険性があります。
(例2)脳血管障害が疑われる場合があります。命に係わる場合もあるので早急に病院へ。

以上が視力障害についてです。
名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で、視力障害で悩んでいる方、検討してください。
お問い合わせ、お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop