名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年04月19日 [鍼灸療法]

視力障害に対する鍼灸

視力
■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら

本日もようこそ、当院のコラムへ
今回は視力障害についてです。
■はじめに
「視力障害ってそもそも何だ。」と思う方に説明していきます。視力障害とは「何らかの原因で細かいものを見る力が落ちる。つまり物がぼやけて見えたり、二重に見えたり、物が歪んで見えたり」することを言います。
では視力障害が起こる原因とは何があるのかを次に説明します。

■現代医学で考える視力障害が起こり得る病気とは
日本眼科学会のホームページを参照に書いていきます。詳細は日本眼科学会の一般の皆様のページに書いてあります。
「ぶどう膜の病気(ブドウ膜炎・ベーチェット病・サルコイドーシス)・網膜の病気(網膜剥離・糖尿病性網膜症・加齢性黄斑変性など)・緑内障・視神経症・近視・遠視・乱視・老視」などが視力障害の原因になると考えられています。

■上記の病気に対する現代医学の治療法
病名により違いますが、基本は以下の通りになります。
・目薬(ステロイド・抗生物質)。
・手術。

■治療経過
・麦粒腫(ものもらい)、アレルギー性結膜炎、眼精疲労など一部の病気は治療経過が良いことがほとんどです。
・網膜の病気・ベーチェット病など一部の病気は治療経過が芳しくないです。

■現代医学の病名で鍼灸の適応となる疾患とは何か?
@緑内障
鍼灸で眼圧を下げると言われています。
A白内障
現代では手術が一般的ですが、鍼灸で良くなるケースもあると言われています。
B仮性近視
近視の視力回復は鍼灸では難しいが仮性近視は適応になることが多い。
C網膜色素変性症
徐々に視力が落ちてきていずれ失明してしまいます。鍼灸を施すことで失明を遅らすことが期待できる。
D網膜剥離の術後
網膜剥離の再発を防止が期待できます。
E眼精疲労
一般的に鍼灸で目の疲れを軽減することができます。

主に上記の病気が対応できますが、視力障害(物が見えにくい。物がぼやけて見える。物が二重に見える。黒い点が見えるなど)があっても専門医の診察を受けていれば基本鍼灸治療は可能です。

では視力障害を東洋医学ではどうみてどう治療するかみてみましょう。

■東洋医学(鍼灸)では 
< 原因 >
・「久しく見ると心を傷ぶる。」または「肝は目を司る」と古典ではいうので、血(肝と心)が不足すると視力低下が起こると考えられる。

 施術方針 >
・血の不足を補う。
・脾胃の働きを良くする。

< 治療経過 >
・病気により大きく異なります。
例えば網膜色素変性症。これは難治性の症状です。現代医学では良い治療法がありません。対症療法です。
もちろん、鍼灸も同様で難しい病気の施術は効果が出るまでに時間が非常にかかります。
反対に眼精疲労は首のコリを見ていくだけでも効果は得られるので局所治療+全身調整を行うとより良い効果が得られやすいです。

< その他 >
・施術を受けるのも大事ですが、自分で日々悪化しないように耳ツボを貼り、セルフケアも良いです。

■最後に
・先ほども書きましたが視力障害(物が見にくい・物がぼやけて見える・物が二重に見える・黒い点が見えるなど)がある場合は、必ず専門医に診察を受けてください。視力障害の中にはまれに「緑内障発作」で急激に視力低下をして失明することもありますので注意が必要です。その他脳血管障害からの視力障害もありますので注意が必要です。

以上が視力障害についてです。
視力障害で悩んでいる方、今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop