名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年10月18日 [鍼灸療法]

必見!鍼灸治療の可能性を追求|帯状疱疹編

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
帯状疱疹
本日もようこそ、当院のコラムへ
今回のテーマは帯状疱疹についてです。

■はじめに
記事タイトルに「帯状疱疹」とあるけど、鍼灸で施術できるのと思われる方が大半ではないでしょうか?顔以外の部位で発生した帯状疱疹は施術可能なんです。しかも驚くことに帯状疱疹後遺症(神経痛)になりにくいのです。では実際、鍼灸でどう考えどう治療するのか。そして現代医学の考え方の2つをまとめて書こうと思います。詳細はあとで述べるとして、患者様のイメージを先に書いていきます。

■鍼灸では
・「蛇丹」と言われるケースが多い。
< 原因 >
・過労、飲食不摂生などで内臓(脾・胃・肝など)の働きが低下して体内から発生する体に悪い物質(湿熱や火熱)が皮膚に滞ると気血の循環が悪くなりその結果、帯状疱疹となると考えます。

< 施術方針 >
・@内臓(脾・胃・肝など)の働きを良くする。
・A体内から発生する体に悪い物質(湿熱、火熱)を取り除く。
・B水泡のある部位は灸をすえる。(こうすることで患部の帯状疱疹の早期改善を促し、その結果、帯状疱疹後神経痛が起こる可能性を減らします。)

< 治療経過 >
・一般的に治療開始が早ければ早いほど後遺症は残りにくくなります。
・運悪く後遺症が出てしまった場合でも諦めるには早いです。後遺症が出ても早い段階で鍼灸治療を行うことで後遺症痛みを軽減することは可能です。

< その他 >
・帯状疱疹が疑われた場合はまず皮膚科、内科などで確定診断を受けて下さい。

< 症例をあげてみます。 >
・症例1はこちら

■次に現代医学では・・・・

< 原因 >
・「帯状疱疹の原因は水ぼうそうのウィルスが加齢などで体力が低下した際に神経を犯すと発症し、できる部位は人によって違います。」(例:顔、腰、腕、足などに神経に沿って出る。)

< 症状 >
・皮膚に赤い斑点が出て、その後小さい水ぶくれが集まって出てくる。水ぶくれはかさぶたとなり取れて傷跡が残り治る。赤い斑点が出る前後から2週間くらいの間、最も強く痛みが出てきます。皮膚の傷跡が残った以降でも痛みが残ることがあります。それを帯状疱疹後神経痛と言います。これは、数か月〜数年の単位で痛みが続くことがあります。

< 合併症 >
・できた部位によっては入院をしなくてはいけない場合もある。(ラムゼイ・ハント症候群や仙骨部位の帯状疱疹で膀胱障害が起きた場合・目の周辺の帯状疱疹は失明の危険がある)これらは抗ウィルス剤の投与とステロイドによる治療が必要になるケースが多い。

< 治療 >
・抗帯状疱疹ウィルスの薬を服用。
・痛みに対しては鎮痛剤を投与。

☆参照ページ
おおしま皮膚科(帯状疱疹のページ)を参照。

■補足事項
・帯状疱疹の予防接種があることはご存知でしょうか。帯状疱疹後神経痛のことを考えると予防接種を受けるのも一つの方法です。

☆参照ページ
・「国立感染症研究所の帯状疱疹ワクチン導入」について
難しい内容になっています。ただワクチンが導入されたということが分かればOKです。

以上になります。

帯状疱疹または帯状疱疹後遺症で悩んでいる方、今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop