名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年10月18日 [鍼灸療法]

帯状疱疹に対する鍼灸

帯状疱疹

■はじめに
記事タイトルに「帯状疱疹の鍼灸治療」とあるけど、帯状疱疹が鍼灸で施術できるの?と思われる方が大半ではないでしょうか?
知らない患者様が帯状疱疹になったら、「病院で診察を受け、抗ウィルス剤を飲んで痛みがあれば痛み止めを飲む。しばらくしたら帯状疱疹は消え、そして治る。一部の患者様は運悪く後遺症を残す。」とイメージされると思います。
医療従事者としてもう少し加えるのであれば、「帯状疱疹ができる部位は人によって違います。」(例:顔、腰、腕、足などに神経に沿って出る。)もう一つは「後遺症になる確率が約1割」であることです。

鍼灸で帯状疱疹の施術できるケースがほとんどなのですが、目の周辺にできたヘルペスは病院で治療を受けることをお勧めします。
なぜかというと「失明する危険性があるからです。」
「へぇ〜、意外だ。」と思われている方へさらに言わせて頂くと、鍼灸で帯状疱疹を治療すると状疱疹後遺症になる可能性は病院で受けるよりもさらに後遺症の可能性が低くなります。それだけ鍼灸は有効だと考えられています。

では鍼灸でどう診ていくのかみてみましょう。

■鍼灸では
「蛇丹」と言われるケースが多い。
< 原因 >
過労、飲食不摂生などで内臓(脾・胃・肝など)の働きが低下して体内から発生する体に悪い物質(湿熱や火熱)が皮膚に滞ると気血の循環が滞り結果帯状疱疹となると考えます。

< 施術方針 >
@内臓(脾・胃・肝など)の働きを良くする。
A体内から発生する体に悪い物質(湿熱、火熱)を取り除く。
B水泡のある部位は灸をすえる。

< その他 >
・帯状疱疹が疑われた場合はまず皮膚科、内科などで確定診断を受けて下さい。どんな病気でも同じですが、早ければ早いほど後遺症は残りにくい。
・神経痛の期間が長ければ長いほど鍼灸・薬共になかなか治りにくい。

以上になります。名古屋市(特に守山区)で帯状疱疹または帯状疱疹後遺症で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop