名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

Blog

2016年10月18日 [鍼灸療法]

必見!鍼灸治療の可能性を追求|帯状疱疹編

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
帯状疱疹
今回のテーマは帯状疱疹についてです。
「帯状疱疹」って鍼灸で良くなるのかどうか疑問に思う方も見えると思います。そんな方に向けてブログを書いていきます。
帯状疱疹とは何かが分からなければ、鍼灸での治療を希望しても希望した通りの結果にはなりにくいので、現代医学の考えを説明した後に鍼灸について説明します。

医師の説明
現代医学では帯状疱疹を次にように考えています。
原因は水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こります。子供のころに水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染しますが、その時は水痘(水ぼうそう)という形で発症し約1週間程度で治癒しますが、治癒してもウイルスは体内の神経節に潜んでいます。それが加齢・ストレスなどで体力が落ちた時にウイルスが再活性化し、神経を伝わり皮膚に到達して、痛みを伴う赤い発疹を生じる。これを帯状疱疹と呼びます。帯状疱疹は1度かかれば通常は発症することはないと考えられていますが、より体力が低下した場合では再度発症する場合もあるそうです。

症状は通常10日程度神経痛があった後に身体の左側もしくは右側の神経に沿って帯状に赤い発疹が出てきます。その後その発疹の中心には水ぶくれのようなものができます。この時に痛みを強く感じるようになります。なお帯状疱疹は身体だけでなく顔面などにも起こりますので注意が必要です。特に目の周辺や耳の周辺にできた帯状疱疹は角膜炎や顔面神経麻痺を伴うケースが多くなります。

治療法
治療法は抗ウイルス薬があるのでこれを服用しますが、治療が早ければ早いほど痛みの軽減や後遺症になることが少なくなるので早めの受診をすることが重要です。もし帯状疱疹の後遺症が出た場合は神経に直接作用する薬を飲むことで痛みを軽減する方法やペインクリックにて神経ブロックをして痛みの軽減を図る方法を取ります。

【 参照ページ 】
社会福祉法人恩賜財団済生会のホームページにある帯状疱疹について。


灸治療
次に鍼灸では帯状疱疹を「蛇丹」と考えます。
原因はストレス・過労・飲食不摂生などで内臓(脾・胃・肝など)の働きが低下して体内から発生する身体に不要な物質(湿熱や火熱)が皮膚に滞ると気血の循環が悪くなり、その結果として帯状疱疹となると考えます。
施術方針は1つ目に内臓(特に肝・脾・胃)の働きを改善し調和させます。これが全身調整になります。2つ目に体内に不要な物質(湿熱や火熱)を取り除きます。これにより帯状疱疹の患部の症状を改善を促します。3つ目にこれは現代医学の知識と融合したものですが、水泡のある部位に灸をすえます。帯状疱疹ウイルスは熱に弱いと考えられているので患部に灸をすることで、早期改善を促すために帯状疱疹の後遺症が起きる可能性を減らすことが可能です。

治療経過についてはこれは現代医学と同様早ければ早く施術を受けるほど経過は良くなることが多いです。運悪く後遺症による神経痛が出ても早い段階で鍼灸治療を施すことで神経痛の緩和を期待できます。
帯状疱疹は鍼灸で対応できますが、疑われる場合は鍼灸の施術と同時進行でも良いので1度病院にて診察を受けて下さい。
■鍼灸による症例
今回のテーマは帯状疱疹(ヘルペス)です。たまたま実家に寄った時に父親が帯状疱疹で痛くて困るということで鍼灸を急遽行った例になります。なお身内を鍼灸施術することのメリットは施術者は経験を積めることです。デメリットは効果がなかったり悪くなったりすると文句を言われることです。前置きはこれくらいにしておき、早速症例をあげてみます。・・・続きを読む

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop