辛い五十肩なら名古屋市守山区のにこにこ鍼灸治療院にお任せを!!

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

五十肩

はじめに

皆様、五十肩と言えば、「肩が痛くて上がらない・夜中に肩が疼いて痛む」そして良くなるまでに数か月から1年という比較的長い間大変な思いをすることなどをイメージされると思います。確かにイメージ通りなのですが、五十肩の知識を深めるためにも現代医学と東洋医学(鍼灸)の両方からみていきましょう。

〜  現代医学では  〜

痛みの原因

 原因 >
@腱板・肩峰下滑液包が原因。
A上腕二頭筋腱が原因。
B関節包が原因。
以上の3つに大きく分けられます。
< 治療法 >
・薬物療法
・理学療法
があります。

< 予後 >
・急性期(炎症が強い)が2週間程度続いた後、徐々に炎症が引いた後に関節可動域が著しく制限されます。その期間が約半年程度続くことが多い。それからリハビリを続けることで関節可動域が元の通りに戻ることが多い。(中には可動域が制限される場合もあります。)

< 鍼灸が適応できるおすすめな五十肩 >
@腱板・肩峰下滑液包が原因。
A上腕二頭筋腱が原因。
B関節包が原因。
すべてがお勧めできます。

〜  鍼灸では  〜

治療

五十肩は鍼灸専門書には出ていません。
鍼灸学的に言うと「痺証(ひしょう)」に含まれます。

< 原因 >
・過労・飲食不摂生・ストレスなどにより内臓(肝・脾・肺・腎など)の働きが低下していることが根本にある。そういう状態で自然界にある体に悪い物質(風邪・湿邪・寒邪)が肩に影響を及ぼすと五十肩になる。
< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・肺・腎など)の働きを良くする。
・身体に悪い物質(風邪・湿邪・寒邪)を取り除く。

< 養生 >
・バランスの良い食事をする。
・過労は身体を休めること。
・ストレスは上手に付き合う事。
以上になります。
■注意点
五十肩は炎症期(初期)の場合は動かさずに安静にして頂き、炎症が無くなったら少し痛いと思うくらいまで動かして下さい。そうしないと関節拘縮が起こってしまいより肩の動きが悪くなります。
■続けて読んでほしい記事。
・頚腕症候群(肩こり・肩〜腕の痛み)

名古屋市(特に守山区・名東区・千種区)または尾張旭市・春日井市で五十肩がなかなか改善されない方、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop