辛い膝の痛みなら名古屋市守山区のにこにこ鍼灸治療院にお任せを!!

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

膝関節痛(膝の痛み)

はじめに

皆様、辛い膝の痛み、どうしていますか。
・安静にしている。
・整体で治療を受けている。
・病院でリハビリを受けている
など色々な方法で少しでも症状が緩和できると思います。膝の痛みの原因によっては効果も変わってきます。そこで今回は現代医学と東洋医学(鍼灸)の視点からみていきましょう。

〜  現代医学では  〜

痛みの原因

 原因 >

@ケガなどの外傷が原因。
A細菌が入ったことが原因。
B加齢による膝の骨の変形が原因。
C坐骨神経痛が原因。
D風邪をひいたことで節々が痛む場合
などに分けられます。


< 治療法 >
・薬物療法
・理学療法
・手術
などがあります。

< 鍼灸が適応できるおすすめな膝の痛み >
B加齢による膝の骨の変形が原因。
C坐骨神経痛が原因。
D風邪をひいたことで節々が痛くなる場合
がおすすめです。

〜  鍼灸では  〜

治療

「膝痛」と言います。2000年前に書かれた鍼灸専門の医学書にも出てきます。
鍼灸学的に言うと「痺証(ひしょう)」に含まれます。

< 原因 >
・過労・飲食不摂生・ストレスなどにより内臓(肝・脾・肺・腎など)の働きが低下していることが根本にある。そういう状態で自然界にある体に悪い物質(風邪・湿邪・寒邪)が膝に影響を及ぼすと膝の痛みになる。
・外傷性の場合は瘀血が原因ですので瘀血処置を行います。
< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・肺・腎など)の働きを良くする。
・身体に悪い物質(風邪・湿邪・寒邪・瘀血)を取り除く。

< 養生 >
・バランスの良い食事をする。
・過労は身体を休めること。
・ストレスは上手に付き合う事。
以上になります。

< その他 >
・炎症している場合はまず安静にして痛みをとることを主体とします。
・慢性期は鍼灸治療も大事ですが、筋力をこれ以上落とさないように運動療法も必要です。
■注意点
スポーツ・転倒などによる外傷や細菌が膝に入って痛む場合はまず病院で診察・治療を受けて下さい。(外傷の場合骨折の有無の確認が必要なため。細菌の場合は抗生物質との併用が理想と考えているため)

名古屋市(特に守山区・名東区・千種区)または尾張旭市・春日井市で膝の痛みがなかなか改善されない方、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop