子供の身体の痛みなら名古屋市守山区のこにこ鍼灸治療院にお任せを

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

子どもの身体の痛み

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸治療院では大切なお子様が身体の痛みににより辛い思いを軽減できお子様やお父さん・お母さんたちに笑顔が得られるように東洋医学的考えを用いながら精一杯施術を致します。

一般的に痛みの症状は鍼灸にとって適応症になりますが、不適応な痛みの時もあります。そのような時はまず病院へ行ってください。
*不適応な痛みとは

骨折

・急性腹症:(虫垂炎・急性腹膜炎・急性膵炎・イレウスなど)
・脳疾患:脳腫瘍・髄膜炎など
・骨折
・患部が化膿して痛む
・高熱が伴う
など

当院が考える「対応できる子供の身体の痛みと施術方針」とは

@病院で命に係わるような重大な病気による痛みではない。
A関節・筋肉の痛み。(大人と同じと考えて問題ないです。)
■では具体的にどういった痛みの症状に対応できるのか?

疑問

@腰痛・肩の痛み・お尻の痛みなど関節・筋肉に由来する痛み。

A頭痛・腹痛など内臓疾患に関係する痛み
■施術方針

疑問

@「痛みの軽減」
 辛い症状の軽減が最初の目的になります。1日でも早く軽減できるように頑張ります。
A「東洋医学的(鍼灸)に見た上での原因に対する施術」
 @のみ施術しても持続効果はまず望めません。Aを施すことで持続効果の作用が期待できます。
となります。

次に東洋医学的(鍼灸)の観点でどう考えるかみてみましょう。

鍼灸ではどう考えるか?

痛みの原因

< 原因 >
・生活環境の変化・ストレス・虚弱体質などが原因で内臓(肝・脾・肺・腎など)の働きが低下したりもともと弱かったりしていることで、体内で発生する体に悪い物質(湿邪・寒邪など)が身体のどこかの部位に影響を及ぼすと痛みが出る。


< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・肺・腎)の働きを良くする。
・身体に悪い物質を取り除く。
以上を施すことで痛みの症状が軽減できることが多い。
■施術際の注意点など
@お子様に安心感を与える。
子供は大人に比べ我慢できないので、まずは鍼灸と施術者に対しての恐怖心を除くことが大事。これができないと施術の継続ができず効果を得るのが非常に難しくなります。

A施術後の過程について
「ここならば安心」とお子様に理解して頂くまで数回通って頂いた後、症状に合わせて検討していきます。

B薬との併用について
薬の併用は問題ありません。却って併用して頂いた方が良い結果が出る場合がございます。
薬のことが気になるのであれば症状が軽くなってから医師または薬剤師に相談して下さいね。

Cお子様が「治療を継続したい」という場合は継続させてあげて下さい。
時間や経済的負担は増えますが、痛みを取るだけでなく痛みの予防やお子様の健やかな成長に貢献できる可能性が高いのでお勧めしますよ。

以上になります。
疑問・質問などがございましたら、電話もしくはおといお問い合わせメールでお気軽にお尋ねください。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop