患者様と施術者との認識の違い|鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

〜 患者様と施術者の認識の違いとは 〜

先ほど「目標を達成するまでの過程」と言いましたがもういうことか詳しく書いていきます。

患者様と施術者の目標はまず主訴の改善が実感できるくらい良くなることになります。

じゃあ「目標を達成するまでの過程」はどうでしょう。おそらく認識にずれがあると思います。
■早速、患者様に聞きます。

回復図イメージ拡大表示

「目標を達成するまでの過程のイメージは?」
おそらくこう答える方が大半だと思います。
「やってもらった感じが得られ、症状が施術ごとに目に見えて改善してすぐに治る。もしくは数十回で治る。」
こんな感じでしょうか?

では施術者はどうでしょう。
■施術者はこう考えています。
・目標達成までの過程
個々の状態により一概には言い切れませんが、目標達成までの過程の基本は、毎回施術ごとに必ず良くなるとは限らず、前回の施術した時と同じ身体状態(現状維持)と症状の改善を繰り返しながら良くなっていくことが多いのです。

< どうしてそのように考えるか。 >

@身体の状態がそれだけ悪い。
これは初検から数回の施術の際に患者様から「何も変化ない」と言われる場合において考えられる理由になります。

身体の状態が悪い場合、本来なら感じるべきことが感じないことが多いのです。例えば動けば腹が減るのは普通です。これが感じないのは身体が良くないことなのです。
つまり治療を受けても変化が感じないのはそれだけ身体の状態が悪いということなのです。

A身体にある悪い物質が減ってきている。
これは施術開始して数回目までは効果など実感できたけど、その後、今までの施術では効果は実感できたけど、今回の施術は効果が実感できなかったという患者様の場合に考えられる理由になります。

身体内に溜まっている悪い物質が、身体に違和感・痛みなどを感じさせます。それらが減ると治療をしても変化が感じにくくなるのです。この状態を患者様が「症状はだいぶ改善してきた」と表現されるわけです。

しかしまだ身体に悪い物質が無くなったわけではなく、身体の悪い状態から良い状態に変化したわけではないので急に施術を中止するとまた再発するもしくは症状が元に戻ることが多いのです。
何故なら人の癖は簡単には治らないのと同様、身体の悪い状態が長ければ長いほど、元の良い状態に治るまでには時間と施術回数が必要になってくるからです。(人間の身体は機械とは違い壊れた部品を交換すればすぐ良くなるわけではありませんので・・・)

結論

認識が違うのは仕方がないのです。

ですから患者様が施術に対して
・良い悪い共に何も身体変化を感じないから。
・前回の治療は良かったけど今回の治療は効果はなかった。
など思うことは多々あると思います。

しかし施術者から見れば身体所見(顔色・脈の状態・お腹の状態・痛みの状態)が良い方向に変わっていることがほとんどです。

安心して定期的に通院されればほとんどのケースで症状の改善は期待できますよ。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop