辛いリウマチなら名古屋市守山区のにこにこ鍼灸治療院にお任せを!!

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

リウマチ

はじめに

皆様、リウマチと聞くと「関節が変形してしまう・関節がこわばる・関節が痛む」と想像する方がほとんどでしょう。ではリウマチの経過はどうなのと聞くと「長期治療が必要。」と想像されるのではないでしょうか。皆様のイメージ通りですが、ここでは簡単にリウマチを現代医学と東洋医学(鍼灸)の原因と治療法を説明してみます。

〜  現代医学では  〜

痛みの原因

 原因 >
残念ながら不明です。自己免疫疾患として挙げられるのが一般的です。

 発症しやすいのは >
・女性に非常に多い。

 症状 >
・左右対称の関節痛・こわばり。(ひどくなると関節が変形してしまう。)
・腱鞘炎になりやすい。
・倦怠感
・やせる
・食欲不振
・息切れ
など症状が現れる。
< 治療法 >
・薬物療法(抗リウマチ薬・免疫抑制剤・ステロイドなど)
・理学療法(関節拘縮の予防)
があります。

< 鍼灸はお勧めできるか。 >
・痛みの緩和、関節の変形予防としておすすめできる症状の1つですが、変形してしまった関節をもとに戻すことは難しいです。

〜  鍼灸では  〜

治療

リウマチは「痺証(ひしょう)」に当たります。

< 原因 >
・過労、ストレス、生活習慣などで内臓(肝・脾・腎・肺など)の働きが低下したところに自然界にある体に悪い物質(湿邪・風邪・寒邪)が関節に入り込むと発症する。

< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・腎・肺など)の働きを良くする。
・体に悪い物質(湿邪・風邪・寒邪)を取り除く。

< 養生 >
・バランスの良い食事をする。
・過労は身体を休めること。
・ストレスは上手に付き合う事。
以上になります。
■注意点
・抗リウマチ薬・免疫抑制剤などを飲んでいる方が大半だと思います。薬と鍼灸を併用することは問題ありません。治療の相乗効果が望めるケースが多いです。
ただ薬を自己判断で中止または量を減らすことはやめてください。必ず医師に相談して下さいね。

■症例を挙げてみます。
●パソコンでご覧の方
詳細はこちら
●スマホでご覧の方
詳細はこちら
名古屋市(特に守山区・名東区・千種区)または尾張旭市・春日井市でリウマチで困っている方、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop