鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
ブログ
[最近の記事]
潰瘍性大腸炎の鍼灸 2017/12/08
潰瘍性大腸炎の鍼灸
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は潰瘍性大腸炎の鍼灸についてです。■はじめに潰瘍性大……続きを読む
  • 全て表示

院長ブログ

年末年始のお知らせ

2017年12月30日から2018年1月4日までとなります。
2018年1月5日より平常通りとなります。

お知らせ

施術料金の改定のお知らせになります。
詳細はこちら。

にこにこ鍼灸治療院とはどんな治療院?

お任せください。

「鍼灸で症状の改善なら」、当院にお任せを
名古屋市守山区・名東区・尾張旭市のにこにこ鍼灸治療院は、経絡治療(脈診・腹診などの身体状況を収集し、「証」をたてて施術する)を基に、個々の体調・体質に合わせ、全身にあるツボ約360個の中から選び、症状の原因となる根本を施術し、症状を改善することを目指す鍼灸の専門治療院です。腰痛・五十肩・膝の痛みなどの身体の痛み、不妊症・更年期障害などの婦人科疾患、アトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患、かん虫・おねしょなどの小児科疾患から一般に言われる難病(パーキンソン症候群・リウマチなど)に伴う症状まで施術することが可能です。(鍼灸の不適応症状は除く。詳細はお問い合わせ下さい。)

参考程度に今まで積み重ねてきた施術を症例集としてまとめ、鍼灸の適応症が分からない方には適応症でまとめてありますのでこちらもご覧ください。         
@症例集
A鍼灸の適応症

使い捨て鍼拡大表示

衛生面も心配ありません。安心して下さい。
感染症対策もOK。
鍼灸を受けてみたいと思う患者様でも衛生面が不安であればどうしようもありません。そんな方のために当院では・・・
エチレンオキサイトガスで処理済みの使い捨ての鍼を使用しますので感染症対策は万全です。
安心してお問い合わせして下さい。

キッズスペース拡大表示

子供も連れでも大丈夫。
キッズスペースがあります。
鍼灸施術を受けたいと考えていても子供が小さくて難しいと思うお父さん・お母さん、安心して下さい。

当院ではDVD(こどもちゃれんじ・トムとジェリー・いないいないばあっ!など)・絵本・ミニカー・ぬいぐるみ・パズル・塗り絵・折り紙などキッズスペースに配備しています。

この配備のおかげで、小さいお子様(2歳前後)でも30分程度我慢ができるケースが多いです。

お子様の施術もキッズスペースで施術する場合もあり、お子様の状況により柔軟に対応します。

当院の鍼灸施術の考え方

刺鍼中拡大表示

@病気の根本を施術します。
「東洋医学は東洋医学独自の診断で病気の根本を施術することが基本です。」
例えば「腰痛」の症状があるとします。
一般的な考えだと腰に鍼や灸をすればよくなると思うのが普通だと思います。しかしながらそれだけで良くなる場合と良くならない場合があります。良くなる場合はただ本当に腰の筋肉の疲労が原因で腰痛になっただけで、また疲労がたまれば痛くなってきます。良くならない場合は腰の筋肉の疲労の他に何か原因があります。原因を突き止めて施術しないと効果は望めません。

当院では腰痛からだと言っても腰だけ鍼灸をするのではなく、東洋医学の考えを用いて身体のどこに原因があるのか突き止め施術します。そうすることで腰の痛みを軽減させ、腰の痛みが出にくくなる可能性を高めます。

施灸拡大表示

A施術による苦痛や不安は最小限で施術効果はより良く
なるべく早く症状を改善させたい。けど鍼灸に対して怖い、不安な方、お任せください。

< 当院の施術の基本 >
■ 中学生以上の場合
・鍼:ツボに刺しても5mm前後で鍼に触れればすぐに抜けてしまうくらいの深さですので刺してもほぼ痛みを感じません。手足のツボは筋肉が少ないので皮膚に触れる程度を施術。
(どうしても深めに刺さないといけない場合は口頭で同意を取りますので安心!)
・灸:米粒の半分の大きさが基本。艾を燃やし切らずに取り除く → 患部を火傷させずに温める。

■ お子様(小学生以下)
・鍼:子供専用の鍼(小児はり)を用います。
これは刺すのではなく、皮膚を擦る・ツボを押すといった感じのものです。
・灸:千年灸・もしくは棒灸でアプローチします。
火傷する心配はほぼなしで感じ方にもよりますが「熱い」というよりも暖かくて気持ち良い感じです。

施術効果は個人差がありますが、症状の改善は可能です。
鍼灸も薬と同様に、継続して頂くことで症状の改善する可能性は更に高まります。


施灸拡大表示

B病気になりにくい体の作りを促します。
なぜ病気になりにくい体を作りを促したいかと言うと、症状が取れただけでは症状が再発する可能性があるからです。症状が再発して苦しい思いをするのは施術者ではなく患者様です。そんな思いをさせたくないと考え、当院では病気になりにくい体づくりをサポートさせて頂き、仕事や趣味に力を注いでほしいですね。

特に力を入れている症状

病院へ行ってもなかなか改善しにくいもしくは薬を極力飲みたくない方で鍼灸で効果的な症状となります。

肩こりイメージ

痛みが改善されず困っている方
鍼灸療法の最大の特徴は、優れた鎮痛作用があることです。
鍼刺激が脳の組織に伝わると脳内から鎮痛物質(エンドルフィン・エンケファリン)が分泌されます。
これらは、モルヒネなどの麻薬とは違い「習慣性」や「中毒」になる心配もありません。さらにロキソニンなどの消炎鎮痛剤とは違い「胃が荒れる」など胃腸障害もありません。
身体の痛み(特に運動器)がある方、お問い合わせ下さい。

詳細情報

赤ちゃん

不妊症でお悩みの方
鍼灸療法でもっともおすすめなのが不妊症などの婦人科の症状です。
それはなぜかと言うと子どもが授かりやすい身体環境を作るのは東洋医学が得意とするからです。
当院での「妊活」に興味のある方は、是非一度お問い合わせ下さい。
詳細情報

子供

子どもの症状
両親が心配するお子様の身体の症状の中で、鍼灸施術をすることで施術効果が期待できる症状がいくつかあります。しかしながら現代では祖父母や両親でさえ鍼灸を受けたことがない方が非常に多く、「鍼灸施術は大丈夫だろうか?」と心配されるケースが多いと思いますが、安心して下さい。
当治療院ではお子様に対して「子供の専用の鍼」で施術したり、もしくは大人が使用する鍼でも「体に刺さない鍼」で施術をします。灸も想像するほど煙たくなく熱くないので、お子さまでも安心して治療を受けていただけます。
詳細情報

患者様の声

■49才 男性 

患者様の声拡大表示

■どんな症状で来院されましたか?
・肩、首の痛み しびれ

■感想
・痛みは比較的早くとれましたが、しびれに関しては時間がかかりました。でも先生の言われる通り、根気よく通院したお陰ですっかりよくなくなりました。ありがとうございました。

とコメントを頂きました。
*個人の感想です。施術効果は個々の症状と状態により変わります。

■46才 女性

患者様の声拡大表示

いつもお世話になっております。
通い始めてそろそろ7カ月ですが、初めて施術したころに比べればかなり楽になっています。鍼灸・薬・自然療法何が効いているか正直分かりせん。
今日も右肩が痛いしまだどこがいつ痛んでくるか不安ですが、鍼灸治療後痛みが減ることは間違いないです。これからもよろしくお願いします。

以上のようにコメントを頂いております。
*個人の感想です。施術効果は個々の症状と状態により変わります。


■35才 女性 

患者様の声拡大表示

腰のヘルニアによる坐骨神経痛で立つ事も、坐ることも辛い時に、インターネットのホームページをみて伺いました。
鍼はものすごく痛いものだと思っていたので初めはすごい緊張しましたが、施術の腕と先生の優しい気づかいで安心して受けることができました。
今では痛みもだいぶ落ち着き週2回ほど通って全身管理をして頂いています。
先生に出会えなかったら日常生活もまともに送れなかったと思います。
先生には感謝です。これからもよろしくお願いします。

以上のようにコメントを頂いております。
*個人の感想です。施術効果は個々の症状と状態により変わります。
患者様の声、もっとあります。 詳細はこちら

推薦者様の声

名古屋市名東区 かなた治療院
院長 田中孝佳先生

かなた治療院 院長 田中孝佳

■先生の鍼灸は痛くなく熱くなく施術効果も良い!
いつもお世話になります。

鍼灸は多少痛い熱いのはあるのですが、先生の鍼は刺したか刺さないか分からないですし、灸は絶妙なタイミングで取り払うので熱くないです。
私は仕事柄、腰の痛みや身体の凝りがあるのですが、先生の所で施術を受けた後は身体が軽快になります。

技術だけでなく、人柄も良いです。
身体の事で悩んでいる方、是非一度先生に相談されることをお薦め致します。

当院の鍼灸治療の流れ

1.予診票を書いて下さい。

予診票拡大表示

来院されたらまず予診票を書いて下さい。
予診票には「一番つらい症状」などを患者様が分かる範囲で書いて下さい。
当院では予診票が「予診票」の他に「子供のおもらし・夜尿症の予診票」と「不妊症の予診票」の3種類あり、それぞれを使い分けます。

■予診票を書く時のお願い。
・既往歴(写真の黒色で囲った場所)の書くところがありますが、分かる範囲で書いてください。
なぜ書く必要があるかというと、施術効果に影響が出てくるからです。(例えば糖尿病の既往歴がある場合とない場合では症状が改善されるまで時間がよりかかることが多い。)
2.治療室でお着替えをして下さい。

治療室拡大表示

次に身体所見・施術をするためにお着替えをして頂きます。
当院では東洋医学的所見に基づき診断・鍼灸施術を致しますので基本体全身を見ることになります。
ですから、上半身は下着(キャミソールなど)で下半身はハーフパンツに着替えて頂きます。

■当院の治療室の特長
●当院ではハーフパンツと患者着を用意していますが、なるべく個人でお持ち頂けるようにご理解お願いします。
●スーツ・コートで来院された方のためにポールハンガーを準備しました。
●着替えかごも準備もしてあります。
●冬にはベッド下に電気毛布を設置して寒さ対策もしています。さらに乾燥防止のためのスチーム加湿器を設置します。
3.東洋医学的所見をとり、証(診断)をたてる。

東洋医学の診断学拡大表示

身体所見をとる意味は2つあります。
@東洋医学的診断をする際に最も重要なことになります。
施術効果を最大限に引き出す為にここで脈診・腹診・問診など東洋医学的診断に必要なデータをそろえます。
詳しくは「東洋医学の診断学」をクリックして読んでください。


A鍼灸で適応なのか不適応なのか鑑別を行います。
大抵の場合、不適応な患者様は来院しませんが、まれに見えますので注意深く見ていく必要があります。
4.証(診断)に基づきツボを選択し施術開始をする。

鍼治療中拡大表示

証が決まったら、鍼灸施術になります。鍼灸の事が分からない人も多いと思います。ぜひ一度ご覧ください。詳しくは「鍼・灸の特長」をクリックして読んでください。

ある程度ツボに刺激を与えたら、一度脈を確認します。それで施術前よりも脈の状態がある程度良くなったかを確認できるまで鍼または灸で調整します。

脈がある程度整ったら、患者様が訴えられている症状に対して鍼灸でアプローチをします。コリ・痛みは患部を中心に鍼を施した後、取り切れない場合は灸で仕上げるのが基本になります。
5.施術後、使用した鍼の本数を確認する。

使用した鍼の本数拡大表示

施術後に確認しなくてはいけないことがあります。

それは「使用した鍼の本数」の確認です。
「使用前の鍼の本数」=「使用後の鍼の本数」でなくてはいけません。そうでないと鍼の抜き忘れた可能性があるからです。

細心の注意を払い確認を致します。
6.施術後に起こりうる身体反応の説明を行い、次回の予約を検討します。

説明

鍼の本数の確認が終わったら着替えて頂きます。
着替え終わったら、鍼灸施術後に起こりうる身体反応などを説明し、次回の予約をどうしていくのか決定します。

詳細は「よくある質問」をクリックして読んでください。
たくさんある鍼灸院の中、当院のホームページを閲覧して頂き、ありがとうございます。

当院では患者様に納得して施術を受けて頂くために、電話・メールでのお問い合わせの際には
原則、「説明または提案のみ」とします。
そして「説明または提案」に納得された方にご予約を取っていく形にしております。
*なおメールでのお問い合わせの返答は原則2営業日以内にさせて頂きます。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop