アトピーでお悩みなら名古屋市守山区のにこにこ鍼灸治療院

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

アトピーの症例

この写真はアトピー性皮膚炎の患者様の1例です。
*この患者様はステロイド中止2週間後に初来院。
*症例なので施術効果を保証するものではありません。個人差がありますのでご了承ください。
4回目の鍼灸施術後

アトピー、鍼治療経過拡大表示

■この頃の状況
4回目終了後には顔の落屑(皮膚に粉がふいていること)と皮膚の赤みは減少。しかし皮膚はまだまだガサガサしている状態でした。
この頃はまだじゅくじゅくした部位はさほどひどくなかったです。

11回目の鍼灸施術後

アトピー、鍼治療経過拡大表示

■この頃の状況
4回目に比べて落屑(皮膚に粉がふいていること)がさらに減少。
よく見ると頬の部分に艶が確認できる状態にまで改善。しかし最初と比較するとじゅくじゅくした部位が広がってしまった時期でした。

23回目の鍼灸施術後

アトピー、鍼治療経過拡大表示

■この頃の状況
11回目までに認められた落屑(皮膚に粉がふいていること)はほぼ無くなりました。
よく見ると右の頬以外は綺麗になってきました。ガサガサした皮膚は少しあり、部分的にですが少し赤黒い皮膚の色があります。

■症例1
女性 32歳
初検日 2016年○月△日。

■主訴
アトピー

■現病歴
小学生からアトピーがあったが、かゆい時にステロイドを使用していた。妊娠を境にアトピーの症状が悪化してステロイドを使用し、出産。△日より2週間前にステロイドを思い切って停止してから、症状が悪化して痒くて眠れないくらいの状態になっていた。ステロイドをやめてから体が冷える感じがしているとの事。
おでこ・顔が所々ぐじゅぐじゅしている・ひっかき傷もあり赤くなっているさらに落屑(粉がふいている状態)がひどかった。頚はひっかき傷があり赤くなっている。肘・膝の裏・太腿の内側に掻いた跡が見られる。背中はひどくはないが、赤黒くなっている状態で来院された。

■既往歴
特になし。

■東洋医学的所見
食欲:普通だが、食べる量は少ない。
小便:6回程度/日。量は少ない。夜間尿はない。
大便:1回/2日。お腹は張らない。便の状態はコロコロ。
睡眠:痒みのために眠った気がしない。
尺膚:ガザガザで引きつっている感じ。
好みの味:甘いものをよく食べている。昔から甘いものをよく食べる。
腹診:右の天枢に硬結。
脈診:全体に沈・細・緩。右寸口が有力。左関上が細・無力・やや緩。

■証
肝虚熱証で肺心熱。

■治療方法
鍼:曲泉・陰谷・太谿・太衝・中封・復溜・魚際・郄門・陽池に寸3−1で接触鍼。
   頚から顔はひどいので散鍼をしっかり行う。膝・肘も散鍼を行う。
灸:状態がひどく、灸は見送った。
治療後、週2回が理想とお話ししましたがどうしても都合がつかないので1週間後来院することを約束して初回の治療は終わる。

■治療経過
・初検から23回目までは変化が分かりやすい為に症状と写真を掲載しておきました。なお4回目までが週1回の施術で5回目からは週2回に変更。2回目から千年灸の指導を行い、毎日施灸して頂きました。
24回目からの治療経過を追加しておきます。初検から22か月経過したころに治療法を「肝虚肺心熱」から「脾虚胆虚」に変更した。

・24回目〜78回目:△日+約10カ月後
頬のじゅくじゅく感もなくなる。皮膚が丈夫になってきたみたいで痒くて掻いてもさほどひどくならない。目の周囲や口の周りのカサつき感が気になっていたが、継続施術でほとんど良くなってきている。ただし、顔色が赤黒い状態になってしまっている。ここまでが週2回の施術。

・79回目〜100回目:△日+約13カ月後
顔の色の赤黒さは徐々に落ち着いてきている。たまに痒みがひどくなり掻いた傷跡は残ることはあるが、ひどく悪化してしまうケースはほとんどなくなってきています。この頃には週2回もしくは週1回になり症状が比較的安定してきました。

101回目〜140回目:△日+約22カ月
週1回でも症状が悪化することはなくなってきている。ただし自宅のお灸はするようにアドバイスするも患者様自身忘れてやらなくなった日が出てきました。それでも悪化することはなかった。

141回目〜146回目:△日+約24か月
患者様の都合で10日1回もしくは2週間で1回のペースになるもかゆみもほぼなく色素沈着も減りつつある。さらなる継続で色素沈着もと思い施術をと思っていた矢先に転勤のために中止。

■反省点など
週2回が理想と初回の時に話をしたが、都合がつかないと言われた際に、自宅で千年灸を勧めるべきだったと反省。なぜかというと治療効果は良く持って3日間なので、あと4日は効果がなくなってしまう状態になってしまうからです。来れない間に千年灸を指定した部位におこなってもらうことで治療効果の継続をすることは可能だったから。今度アトピーの患者様が見えた時は反省点が改善できるように気を付ける。

■続けて読んでほしい記事。
・アトピー性皮膚炎の鍼灸療法。
・アトピーの症例2
・アトピーの症例3

■トップページまたは料金・アクセスへは以下をクリック
・トップページにはこちら
・料金・アクセスへはこちら。
その他の症例集はこちらへ

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop