痛みの疾患について説明します。

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら。

痛みの疾患

  • 身体の筋肉
  • 関節・靭帯・腱

■当院がおすすめする痛みの症状

関節・靭帯・腱・筋肉が原因で起きた痛みの症状になります。

例えば腰痛・肩関節痛・膝関節痛・肘関節痛・手首の痛み・足首の痛み・股関節の痛み・頸の痛み・指の痛みなどが挙げられます。これらはすべて整形外科で診て頂く症状ばかりです。整形外科ではレントゲン・CT・MRIでの画像・血液検査・尿検査など総合的に判断して診断した後に、痛み止めの注射や薬、患部の固定、各種リハビリによって痛みの症状の緩和させることが基本になりますね。

【 参照ページ 】
鎌倉ヒロ病院 整形外科診断法
鎌倉ヒロ病院 整形外科治療法

では当院がなぜ鍼灸治療が上記の症状についておすすめできるのか?


それは、鍼灸施術を行うことで比較的早く効果を実感しやすく、かつ定期的な継続をすることで痛みの予防も期待できるからです。  
 例えば腰痛でしたら、東洋医学の考え方を用いて個々の体質に合わせて全身調整(例えば腎虚証と判断した場合で腎を補う鍼灸施術をして全身を整えます。)した後に腰の痛みがある部位(例えば腰痛の原因で最も多い第4腰椎と第5腰椎周辺の筋肉)に鍼灸施術を行った場合が挙げられます。
 この他に、膝の痛み・肩の痛み・頸の痛み・腕の痛み・足の痛みも同様に東洋医学の考えを用いて個々の体質に合わせて全身を整えた上で、膝の痛みでしたら膝と膝周辺の筋肉(大腿内転筋群など)への施術・肩の痛みでしたら肩周辺の筋肉(棘上筋など)への施術・頸の痛みでしたら頚の筋肉(僧帽筋など)への施術・腕の痛みでしたら腕周辺の筋肉(上腕二頭筋など)への施術・足の痛みでしたら足周辺の筋肉(前脛骨筋など)への鍼灸施術が挙げられます。
施術効果はすぐに改善を実感できる方と1・2日後に効果を実感できる方など様々で個人差があります。

■おすすめできる痛みの症状でも、そう簡単に痛みが取れない場合もあります。

歩行器
それはどんな場合かを以下に挙げてみます。
@筋力が落ちてしまっている場合。
A内臓が原因で起きている場合。
@は筋力の低下が身体が支えられなくて起きてくる症状のため鍼灸施術に加えて運動療法が必要となってきます。なお運動療法が必要となる症状は特に肩の痛み(五十肩で筋肉が萎縮してしまった場合)・膝の痛み(変形性膝関節症で太ももの筋肉が萎縮した場合)で多くなります。
胃炎による痛み Aは内臓の異常(例えば慢性胃炎による腰痛)がある時は、胃の不調を身体の筋肉に痛みとして伝えることがあります。これは内臓自体の働きを良くしなくてはいけません。鍼灸単独で行うことも良い選択の1つですが、現代医薬との併用することで、より良い効果が期待できる場合もございます。
その他

■様々な痛み(リウマチ・三叉神経痛・帯状疱疹など)にも鍼灸施術ができます。

例をいくつかあげてみます。
@膠原病の1つ、リウマチによる関節・筋肉の痛み。施術方法の詳細はこちら。
A帯状疱疹または帯状疱疹後遺症による痛み。施術方法の詳細はこちら。
B三叉神経痛による顔の痛みや歯の痛み。施術方法の詳細はこちら。
C筋緊張頭痛や片頭痛。
D生理痛。
Eストレスもしくは胃腸風邪による腹痛。
F中耳炎による耳の痛み。
G扁桃腺や風邪による喉の痛み。
H肩こりなどによる目の痛み。

ただの痛みと侮ってはダメ。病院受診が必要なケースとは・・・

医師の診察

単なる身体の痛みと侮ってはダメです。
中には失明・後遺症・生命の危険を脅かす場合もあります。例えば・・・
@心筋梗塞や肺塞栓・肺炎などの胸の痛み。
A胃がん・十二指腸癌・虫垂炎やイレウス・大動脈解離、破裂などのお腹の痛み。
B子宮破裂・卵巣破裂などの下腹部の痛み・急性膵炎などの背中の痛み。
C腎臓がん・膀胱がんなどの腰の痛み。
D脳出血や脳梗塞・脳腫瘍・くも膜下出血などの頭の痛み。
E各種の骨折。
F緑内障の発作の痛み。
G排尿・排便障害を伴う腰椎ヘルニアの腰痛。
H肺がんによる肩の痛み。

などが当たります。
しかしこれではユーザーの方には分かりませんのでもう少し掘り下げてみます。

■病院受診が必要な症状の目安。

@経験したことのない痛み。
A何か(例:テレビをみていた時など具体的に答えられる)をして、急に痛くなり、痛みがずっと続いている状態。
B症状が徐々に悪化している場合。

などが挙げられます。

以上3つの症状のいずれかがある時、鍼灸が不適応の基準に当てはまる可能性が高いので、速やかに病院に行って診察を受けてくださいね。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop